令和2年度 熊本リハビリテーション 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 29 22 26 57 114 238 341 369 189
当院では、80代の患者数が一番多く、次いで70代、60代の順となっています。退院患者総数に占める60歳以上の割合は約82%です。

※患者数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 58 73.45 25.09 10.34 85.19
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 44 63.25 18.81 9.09 81.82
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 36 60.11 23.36 2.78 73.69
070350xx99x0xx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 手術・処置等2 なし 35 22.71 9.90 2.86 56.63
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 26 16.50 5.18 3.85 64.50
当科では、大腿骨骨折に対する外科的治療施行の症例が多く、次いで脊椎の圧迫骨折、変形性膝関節症の順となっています。当科では一般的な上下肢の骨折治療や変形性関節症に対する人工関節置換術,膝の関節鏡視下での手術も行っています。手術からリハビリテーションまで一貫した治療を行っているため、平均在院日数が全国平均と比較して長くなっています。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 44 62.48 18.81 4.55 81.86
160820xx99xxxx 膝関節周辺の骨折・脱臼 手術なし 25 60.08 18.70 0.00 65.64
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 22 78.64 15.66 13.64 74.41
160800xx99xxxx 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 21 62.76 15.20 4.76 80.71
160870xx99x00x 頸椎頸髄損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 61.00 13.56 10.53 68.74
当科では、脊椎の骨折や膝関節周辺、大腿骨の骨折、脳梗塞などの疾患が上位を占めています。急性期病院からのご紹介等で入院後、社会復帰を目指してリハビリテーションを行うため、平均在院日数が全国平均と比較して長くなっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160660xxxx0x0x 皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 19 11.74 8.88 10.53 64.84
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 16 7.56 4.06 0.00 47.63
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 13 14.31 12.87 0.00 53.23
080250xx971xxx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1 あり 12 59.25 63.79 33.33 73.25
080150xx97xxxx 爪の疾患 手術あり 10 8.70 4.82 0.00 58.30
当科では、外傷による皮膚の損傷や褥瘡などに対する診断群が最も多く、次いで皮膚の良性腫瘍に対する摘出術の診断群となっています。また、足趾の潰瘍や壊死、蜂窩織炎などの皮膚の感染症に対する外科的治療のほか、高気圧酸素治療も行っています。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26 6.38 5.43 3.85 73.73
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 25 2.08 2.74 0.00 70.68
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 22 19.86 10.03 9.09 77.50
050170xx02001x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 29.45 - -
050170xx99001x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 17.80 - -
当科では、特に下肢の循環障害にともなう疾患を扱っています。一番多い診断群は下肢の動脈が閉塞する疾患に対する外科的治療です。その他、下肢静脈瘤で、5mm~1cm程度の小切開で短期入院(1ないし2泊)の手術治療も行っています。当科では形成外科と連携し下肢救済センターを設立し、末梢動脈疾患による大切断を回避し、患者様が自分の足で苦痛なく歩けることを目標に治療を行っています。

※患者数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160650xx99x0xx コンパートメント症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 12 36.58 24.08 16.67 84.92
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし - - 20.51 - -
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 - - 2.66 - -
060185xx99x1xx 潰瘍性大腸炎 手術なし 手術・処置等2 1あり - - 28.64 - -
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.08 - -
当科では、廃用症候群の診断群が最も多くなっています。急性期病院で開腹術やがん治療終了後に継続的な内科治療が必要な方の治療や在宅復帰に向けたリハビリテーションを行っています。高齢者に多い誤嚥性肺炎や大腸ポリープに対しての治療も行っています。

※患者数が10件未満の場合は「-」で表示しています。



初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - -
大腸癌 1
乳癌 - - - - - -
肺癌 - - - - - -
肝癌 - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
■定義■
初発:自施設において、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合
再発:自施設・他施設を問わず初回治療が完了した後に自施設にて患者を診察した場合や、
    治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合

※患者数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
※患者数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 91 81.20 78.37 24.18
当院に入院される脳梗塞の患者様は、急性期病院からリハビリテーション目的で紹介入院となるケースが多く、発症から入院までの日数がほぼ4日以上となっています。また早期の社会復帰に向けてリハビリテーションを行うため、平均在院日数が全国平均と比較して長くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 等 58 4.52 58.78 1.72 73.41
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 48 4.13 70.83 8.33 85.52
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 24 2.21 29.83 4.17 68.54
K0811 人工骨頭挿入術(股) 23 7.52 68.13 17.39 82.09
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 等 22 0.91 4.82 0.00 62.77
当科では、変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術が最も多く、次いで大腿骨骨折に対する骨接合術の順となっています。高齢者の転倒による骨折や加齢に伴う膝・股関節の重度の変性疾患に対する手術が多いため、全体的な平均年齢も高くなっています。また、手術後にリハビリテーションも行うため、術後の在院日数も長くなっています。

※同一手術において複数の手術を行った場合は、主たるもののみをカウントしています。
※創傷処理や非観血的整復術、徒手整復術、その他軽微な手術は除外しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 11 1.73 6.27 0.00 63.09
K016 動脈(皮)弁術 等 11 21.09 40.82 36.36 71.64
K0912 陥入爪手術(爪床爪母の形成を伴う複雑) 10 0.10 7.60 0.00 58.30
K0871 断端形成術(骨形成を要する)(指) 等 - - - - -
K0131 分層植皮術(25cm2未満) - - - - -
当科では、皮膚腫瘍に対する腫瘍摘出術が最も多く、その他褥瘡や皮膚潰瘍に対する筋(皮)弁術や植皮術、陥入爪手術が上位を占めています。当科の平均年齢は60歳で、外傷による傷や先天性疾患、生活習慣病に合併する皮膚病変などに対する外科的治療も行っており、10歳未満から90歳以上まで幅広い年齢層の患者様が入院されています。

※同一手術において複数の手術を行った場合は、主たるもののみをカウントしています。
※創傷処理や非観血的整復術、徒手整復術、その他軽微な手術は除外しています。
※患者数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 49 3.63 10.76 10.20 75.67
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 24 0.00 3.29 0.00 72.88
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K084 四肢切断術(下腿) 等 - - - - -
K6093 動脈血栓内膜摘出術(その他) - - - - -
当科で最も多い手術は、末梢動脈疾患に対する血管内治療(閉塞した動脈を拡げる治療いわゆる風船治療)や、バイパス術(手術で別ルートを作成するバイパス治療)です。次いで、下肢静脈瘤に対する手術です。短期入院(1ないし2泊)で治療も行っており、当科では大切断(太ももやふくらはぎでの切断)を回避することを目標に治療を行っています。

※患者数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 経皮的内視鏡下胃瘻造設術 等 14 58.86 59.36 71.43 81.36
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
K0911 陥入爪手術(簡単) - - - - -
K0761 観血的関節授動術(股) - - - - -
当科で手術を行うことはありませんが、リハビリテーションの過程において手術が必要な場合は、ほかの診療科と連携し手術を行います。
経皮的内視鏡下胃瘻造設術が多くを占めています。

※患者数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 11 0.79
異なる - -
■説明■入院契機の“同一”と“異なる”の区分について
入院の契機となった傷病名が最も医療資源を投入した傷病名と同一の場合は、“同一”、異なる場合が“異なる“となります。
当院へは手術・処置等の合併症として、人工関節置換術後のゆるみや脱臼、破損、感染など人工関節に関するものが9件、その他手術創部感染が2件の計11件の入院がありました。当院若しくは他医療機関で実施した手術後に再手術や高気圧酸素治療などを目的として入院されています。手術や処置等を行う際は、合併症を起こさないように細心の注意を払い、起こりうる合併症については、事前に可能な限り患者様へ説明したうえで同意を頂くように努めています。

※患者数が10件未満の場合は「-」で表示しています。
更新履歴